42円物件の入手先はココ

⇒42円物件が入手可能!詳細はココ

 


 
太陽光発電事業への投資が数年から盛んになっていますが基本的な事業開始への流れになると、特定の土地における太陽光発電事業計画を申請認定後に発電設備を設置して発電を実際にスタートすることになるのです。

しかし、問題は発電後の電力をいくらで売れるかで、これは申請認可された年によって大きく異なるのですが一般的には前年度よりも売電価格は安くなっています。

このような状態を受けて、最近は太陽光発電事業における「電力買取制度の開始当初の売電価格」が設定されている「42円物件」が非常に人気で、2016年段階ではこの土地を取得することでより簡単に事業を始めようという投資法が熱くなっているのです。

ここでは、この42円物件分譲の希少価値を絡めて実情をチェックして行きましょう。
 

太陽光発電の42円分件って一体何?

太陽光発電の42円物件って一体何?

まず、太陽光発電を始めるに当たって多くの投資家が注目するのが42円物件です。

太陽光発電事業を行うにあたって発電設備を設置して発電をすると、その後20年間は認定された価格での買取が保証されているのが42円分譲の物件なのです。
 

この42円の高単価でしかも20年も買い取ってくれる点は、まさに42円物件分譲のメリット以外の何者でもありません。

現在も新規で太陽光発電事業の申請は可能ですが、現在の認定される売電価格は「2012年当初の約半分近くまで安く」なっていますので、投資に対する採算性が一気に悪くなっているのは否めません。

そのため、多くの投資家は42円という高額で売電価格が設定されている土地や分譲物件を探す方が、とにかく投資効率が高いという認識を持っていらっしゃいますが、間違いありません。
 

⇒42円物件がまだ買えるのはココ

 

現段階では42円物件が最も希少価値が高い?

現段階では42円物件が最も希少価値が高い?

現在多くの投資家の間で、「太陽光発電を新規で始めるよりも、あらかじめ認可を受けた42円物件分譲を購入するほうが楽だ」という認識が根付いたのも事実です。

それにより、この1キロワットを42円で売電できる権利を持った発電用地(42円分譲物件)は、手っ取り早く利益が出せる希少価値を持つ物件へと変貌したと言えるでしょう。
 

現在の太陽光発電を取り巻く状況を見てみると、今後において42円物件分譲にお目にかかる日はほとんどなくなっていくことも避けられません。

投資家にとって、この42円物件はまさに「ノドから手が出るほど欲しい代物」ですが、2016年現在ではプロの販売店勤務の人間でも、最近は42円物件にお目にかかった事がある人は少ないでしょう。
 

42円物件分譲を探す第一歩は下記サイトを利用する事が基本になります。

国内唯一の全国の土地付き太陽光発電の物件情報を閲覧する事が出来るサイトです。
 

⇒42円物件が入手できるのはココ

 

しかも、42円物件が入って来た時には会員へお知らせしてくれるサービスもありますので、1社1社確認していく必要がありません。

まずは「42円物件の基本」を押さえておきましょう。
 

42円物件を現在多くの人が望む4つの理由

42円物件を現在多くの人が望む4つの理由

長期投資としての太陽光発電にて最も有利だとされる「42円物件分譲」ですが、売電価格の差異を問わずに「これほどまで多くの方に太陽光発電が望まれる背景」には何か特別な事情があるのでしょうか?

ここでは、現代日本人が「42円物件や42円分譲」にハマる事情について、具体的に4つの理由を挙げて説明していくことにします。
 

日本では目新しい収益モデルを見つけにくい

日本では目新しい収益モデルを見つけにくい

まず、現在日本では太陽光発電に代わる目新しい収益モデルが見つけにくいことが大きな理由です。

かつては株式投資、そして最近までは国債投資が比較的安定した利回りを持つ投資項目として注目されていました。
 

特に国債は「国が債務を負う」ので投資者からも信用が高かったのですが、近年における財政問題によって国債投資に対する魅力も薄れてきた感があります、

また、日本国債の格付けの低下や金融商品そのものの不安定さがより深刻化したこともあって、日本では将来的に有望な投資項目がほとんど存在しない状況となっているのです。

その中でも「分譲太陽光発電」はまだまだ未成熟な市場なので、42円分譲物件は何よりも有望な投資項目と言えるでしょう。
 

法人税額コントロールのための長期投資

法人税額コントロールのための長期投資

また、企業にとって法人税の負担を上手に減らすための手段を考慮した場合、投資のための経費は非常に役立つものです。

この時に太陽光発電は「極めて収益率が高い」という事情を考えると、42円分譲物件をタイミングよく経費購入出来ればその年の法人税を大幅に減らせます。
 

それだけでなく、将来的に安定して利益を生み続けることになります。

特に利益の出すぎている企業ほど42円物件をしきりに探す傾向にありまして、いかに法人税を長期的にコントロールできるかを常に絡めて太陽光発電事業を見据えているのかが理解できるでしょう。
 

初期の自己資金がなくても投資可能

初期の自己資金がなくても投資可能

さらに「電力買取制度を活用した太陽光発電事業」は初期投資のための資金がなくても進められやすく、それは金融機関が積極的に融資してくれることも多いのです。
 

この場合に企業投資になりますと、太陽光発電からの利益を元にした別の事業計画を一緒に立案することも多いので、その事業の収益性が大きければ大きいほど単体で太陽光発電に対する融資申し込みをするよりも多くの資金を得られる確率が高まります。
 

その中でも42円物件は太陽光発電投資の中で最も理想的なもので、金融機関からの審査における印象もかなり良くなることでしょう。
 

発電設備の格安仕入れ先が一気に増えた

発電設備の格安仕入れ先が一気に増えた

太陽光発電への参入人口がここ1~2年で急増したのは、何よりも「発電設備の技術が急速に進歩したから」です。

同時に本来は異常に高価だった設備パーツも桁違いに安くできるようになり、特に技術レベルの向上が著しい新興国では信じられないほど格安の仕入先も増えました。
 

このことは、多くの投資家に「自分の資金でも太陽光発電ができるのではないか?」と大きな期待を生み出させ、42円物件分譲における希少価値を一気に高めてしまう結果になったのです。

よって、投資家にとってリーズナブルな設備仕入先の増加は、参入最大障壁が一気に崩れ去った格好となったことでしょう。
 

42円物件が人気の理由は「低下する買取価格の存在」が…

42円物件が重宝される背景には速いスピードで低下する買取価格の存在が

このように、42円物件分譲が希少価値を持つようになったのは、買取価格が誰も予想しえないほどのスピードで低下してきたからに他なりません。

当初は国も太陽光発電がこれほど急速に普及するとは予想しておらず、このような売電価格を設定してしまいましたが、実際に制度が始まった当初は発電設備にかかるコストもかなり高価であったことも事実です。
 

また、42円物件分譲などの設備導入コストからみれば、投資する人間も一部の人間に限られていました。

しかし、その後における発電設備のパーツ価格の低下が、太陽光発電に投資する人間を急激に増加させました。

これにより、買取価格を下げなければ国も財源を確保できなくなったと言えます。
 

⇒42円物件が入手できるサイトはココ

 

42円物件が現れたのは民間電力投資における国の見通しの甘さ

42円物件が現れたのは民間電力投資における国の見通しの甘さ

日本では長らく国家主導で電力供給を行ってきた経緯もあり、民間が電力に投資するというコンセプトは利権を独り占めにしたい国としては本来であれば受け入れ辛かったはずです。
 

しかし、他の先進国を見ても太陽光発電のような「再生可能エネルギー行政」について、日本はあまりにも遅れているのが現状です。

それを解消したい一心で発電設備の充実を推奨したのが、まさにこの制度となります。
 

ところが、当の電力会社としては「発電している電力があるのになぜ買取が必要なのか?」という特権意識が未だにあり、結局のところ投資家の数を減らすために買取価格を年々下げなければならないのが大きな現状なのです。

そして、この国の見通しの甘さが42円物件における希少価値をよりいっそう高めることとなりました。
 

希少価値の高い42円物件に関する注意点

希少価値の高い42円物件に関する注意点

さて、希少価値の高くなる42円物件分譲について気になることと言えば、「同じ条件でもどのような物件を探していくべきか?」という点にあるでしょう。

また、「将来的に42円物件が希少価値を持ったままでいられるのか?」についても多くの方が注目している部分でもあります。

ここでは42円分譲物件の将来的な前途を含めて、高い収益性を維持するために気を付けるべきことをいくつかご紹介することにしましょう。
 

新規高買取価格がでない限り42円物件は収益性は高い

新規に高い買取価格が登場しない限りは高い収益性

現状を見ると、42円物件は認定された案件数自体も限られていますし、今後の認定売電における買取価格における著しい低下傾向を考慮しても高い収益性を維持していくのは間違いありません。
 

時間が経てば今よりも更に太陽光発電が普及する事は間違いないですし、何らかの天変地異がない限りはまずこれ以上の高価格条件が登場することはないでしょう。

それにより、今からでも積極的に42円物件分譲を探すべきなのです。
 

42円分譲物件でも入手時のコストが非常に重要

42円分譲物件でも入手時のコストが非常に重要

42円物件分譲の中でも特に魅力的なのが、「土地付きで発電設備もセットになっている物件」になります。

この42円物件は最も希少価値の高いもので、売り出されれば即売却が決まるほどの人気物件です。
 

しかし、ここで注意したいのが「42円物件入手時のコストに関して」です。

同じような42円物件でも仲介業者の違いで手数料はもちろん、その他に徴収される費用も大きく異なります。
 

太陽光発電の業者によっては法外に高いこともあって、それが結果的に発電における利益を大きく食ってしまうことにもなりかねません。

そのため、42円物件入手時には20年間の発電事業における収益シミュレーションを必ず進めましょう。
 

同じ42円物件でも発電量の差異が大きなカギ

同じ42円物件でも発電量の差異が大きなカギ

また、土地付きの42円分譲物件に関しては「既存の発電設備のコンディション」にも気を配らなければなりません。

つまり、「その42円物件も発電効率がどれくらいなのか?」をしっかりとチェックすることです。
 

どんなにパネル数が多くても1枚単位の発電量が少なければ全体的な発電量にも大きく影響し、更に20年間の発電ともなるとかなり大きな差が現れるのは必至でしょう。

よって、42円物件入手のチャンスがある場合は「設置されているパネルのメーカーをチェックする」ことはもちろん、現状の発電効率について実際のものを自分の目で確かめてください。
 

42円物件は高価すぎる物件には注意!

42円物件は高価!だけど高価すぎる物件には注意!

42円物件分譲では一般的に土地だけであることがほとんどなので、太陽光発電設備も自身での設置が求められます。

この際に発電設備を模索していく訳ですが、くれぐれも高すぎるタイプのものは導入しない方がよいでしょう。

値段が高いからといって、それに比例した発電量が期待できるとは限らないからです。
 

つまり、太陽光パネルを中心としたパーツに関してはとことん選び抜かなければならず、どの値段のパネルでどのくらいの発電量が期待できるかという思考回路でセレクトしなければなりません。

その結果として高価なタイプが良いと判断できれば良いですが、コストパフォーマンスについてしっかりと検証することなしにメーカーの著名度だけで決めるのは絶対にやめてください。
 

42円分譲物件の20年後の土地活用も早期考慮

20年後における土地活用についても早期考慮

太陽光発電にて、好条件の42円物件分譲を入手する段階で早期に考えておくべきことは、「その土地を20年後にどのように活用するか?」という点です。

42円分譲物件は目的を以て維持しなければ税金だけが取られますし、最悪の場合は42円分譲物件でそれまで発電で上げた利益から維持費だけを捻出しなければならなくなります。
 

よって、「次にどのようなビジネスモデルに42円物件を生かすか?」を考慮するのは早ければ早いほど有利でして、それは買取期間の20年が過ぎる前にすべて考慮してしまわなければなりません。

一般的に、収益の保証された42円物件ほど期間が過ぎた時の落差が大きいのです。
 

⇒42円物件が手に入るサイトはコチラ