LOOOPでんき

ループでんきの公式サイトはココ
↓ ↓ ↓ ↓

LOOOPでんき
 

TVCMでも良く見かけるlooopでんき(ループ電気)は、今大変注目されている電力会社です。

他の電力会社とは違う料金形態により、looopでんき(ループ電気)は「とてもお得」と感じる人が多いようです。

新電力が進むにつれて、お得な電力会社の切り替える人が増えてきましたが、Looop電力にも多くの人が注目してご利用されています。

とってもお得な電気料金となるlooopでんき(ループ電気)の新電力で、あなたもお安く快適に電気を使ってみませんか?

この記事では、looopでんき(ループ電気)の魅力を、詳しくご紹介していきます。

looopでんき(ループ電気)とは?

TVCMでも見かけるlooopでんき(ループ電気)は、2011年4月にできた東京に本社がある電力会社です。

東京以外にも大阪と福島に支店があり、設立当初は宮城にソーラー発電システムを無料で設置したり審査の被災地へ太陽光発電にて支援を行ったり、震災の復興の役割も行っている素晴らしい企業です。

被災地の避難場所にソーラーパネルを設置し、被災地の子供たちから夜も怖くなくなったと大変喜ばれたそうです。

looopでんき(ループ電気)という名称は、自然エネルギーを使った循環型の企業を目指すという意味で、付けられたそうです。

太陽光エネルギーをメインとした電気供給を行っていく予定であり、この先は風力発電や水力発電もメインにして電力事業をして進めていく予定です。

地球にやさしいエネルギーをメインとした、発電による電力供給を行っていこうとしています。

他の新電力の電力会社とは発電方法に大きな違いがあり、エコで環境に優しい発電方法を行っていくという部分はとても注目すべき大きなポイントといえます。

自社の発電所と提携先の発電所と合わせると、1,500か所以上もの太陽光発電所を持つ短期間で急激に大きく成長した電力会社です。

2015年7月より特別高圧や高圧向けの需要家に電力供給を行ってきており、2017年8月に5,500件を超える設備に電力供給する予定となっています。

また、低圧の申し込みも2016年4月よりどんどん増えてきており、2017年8月に46,000件を超える方々より申し込まれている人気の高さです。

電力会社を切り替えると、不安に思う方もいると思います。

しかし、今までの電気力線と電気回路を使ってお客様のお宅に電力を届けるという事は全く変わりません。

そのため、今まで通り安心して電気を使う事ができますよ。

ただし、オール電化用の電気料金プランはありませんので、オール電化のお宅は現在の電気料金ときちんと対比してお得になるのかを確認した後に検討する事をオススメします。

料金と心配な方は、Looop電気ホームページにて料金シミュレーションができますので、行ってみるとわかりやすいですよ。

検針票を手元に置いて入力すると、すぐにどれだけのお得な電気料金となるのかをチェックする事ができますよ。

 

ループでんきの公式サイトはココ
↓ ↓ ↓ ↓

LOOOPでんき
 

looopでんき(ループ電気)の料金!どんなプランがあるの?

電気料金は、基本料金と電力量料金等がかかるのが一般的です。

しかしlooopでんき(ループ電気)は、5月31日までの期間限定で基本料金がずっと0円となる破格のキャンペーンを行っておりました。

基本料金0円キャンペーンが物凄く大好評だった事により、基本料金0円サービスを延長して行うようになり、今申し込んでも基本料金0円で使う事ができるようになりました。

基本料金が0円という事は電気料金の1割程安くなりますので、一年間で12,000~15,000円程の安さとする事ができます。

今までの電気料金と一年間で比較して安いので、とってもお得となります。

一般的な電力の基本料金というのは、アンペア数の大きさにより決まっているので、アンペア数が高ければ高い程基本料金が高くなってしまうのが通常の流れです。

looopでんき(ループ電気)は基本料金0円で使った分の電気料金のみを支払うシステムのため、電力使用量が多ければ多いお宅ほど電気料金がお得となります。

契約アンペアの大きさによって決められていた基本料金の概念を崩した電気料金であり、とても画期的な電力会社がlooopでんき(ループ電気)です。

また、looopでんき(ループ電気)には、下記のような2つのプランがあります。

 

おうちプラン

おうちプランとは、一般家庭向けのお得なプランです。

現在の契約アンペアが10A~60Aのお宅限定となります。

北海道、東北、東京、中部、北陸、九州電力は従量電灯B相当のお宅が該当します。

関西、中国、四国電力は従量電灯A相当のお宅が該当します。

また、従量電灯Cのお宅は、ビジネスプランとなります。

おうちプラン電気料金は、このような内容となります。

・北海道電力 基本料金:0円 従量料金29円/kWh(税込)
・東北電力 基本料金:0円 従量料金26円/kWh(税込)
・東京電力 基本料金:0円 従量料金26円/kWh(税込)
・中部電力 基本料金:0円 従量料金26円/kWh(税込)
・北陸電力 基本料金:0円 従量料金21円/kWh(税込)
・関西電力 基本料金:0円 従量料金22円/kWh(税込)
・中国電力 基本料金:0円 従量料金24円/kWh(税込)
・四国電力 基本料金:0円 従量料金24円/kWh(税込)
・九州電力 基本料金:0円 従量料金23円/kWh(税込)

 

ループでんきの公式サイトはココ
↓ ↓ ↓ ↓

LOOOPでんき
 

ビジネスプラン

ビジネスプランは、事務所や飲食店、商店などの業務向けとして使っている建物で電気をたくさん使う業者向けのプランとなっております。

現在10A~60Aの契約アンペアのお宅限定の、プランとなります。

北海道、東北、東京等の関東エリア、中部、北陸、九州電力は従量電灯C相当の業者向けが該当します。

関西、中国、四国電力は従量電灯B相当のお客様が該当します。

ビジネスプラン電気料金は、このような内容となります。

・北海道電力 基本料金:0円 従量料金31円/kWh(税込)
・東北電力 基本料金:0円 従量料金27円/kWh(税込)
・東京電力 基本料金:0円 従量料金27円/kWh(税込)
・中部電力 基本料金:0円 従量料金27円/kWh(税込)
・北陸電力 基本料金:0円 従量料金22円/kWh(税込)
・関西電力 基本料金:0円 従量料金23円/kWh(税込)
・中国電力 基本料金:0円 従量料金25円/kWh(税込)
・四国電力 基本料金:0円 従量料金25円/kWh(税込)
・九州電力 基本料金:0円 従量料金24円/kWh(税込)

 

ループでんきの公式サイトはココ
↓ ↓ ↓ ↓

LOOOPでんき
 

「looopでんき(ループ電気)+」のサービスもある!

looopでんき(ループ電気)+とは、太陽光発電施設をお持ちのお宅に対し、これまでのlooopでんき(ループ電気)に新しいサービスを付加提供していくお得なサービスを、2017年4月11日より行っています。

ソーラーパネルを設置しているお宅には、これらの2つのお得なサービスプランがあります。

 

looopでんき(ループ電気)+ソーラー割

住宅用の太陽光発電システムを持っているお宅が、対象となるサービスです。

自宅の屋根の上で発電した電力をlooopでんき(ループ電気)に供給してもらう事で、通常の従量料金の単価よりも1円下げた価格での電気供給を受ける事ができます。

looopでんき(ループ電気)のおうちプランとビジネスプランを契約された人に限る、お得なサービスです。

東京電力圏内のお宅であれば、looopでんき(ループ電気)+ソーラー割で基本従量料金より1円引きとなりますので、26円/kWh(税込)-1円=25円/kWh(税込)となります。

looopでんき(ループ電気)+Looop Home割

looopでんき(ループ電気)の住宅用太陽光発電システムを取り付けした人は、looopでんき(ループ電気)+ソーラー割よりもさらに1円下げた従量料金での電気提供をしてもらえるサービスです。

東京電力圏内のお宅であれば、looopでんき(ループ電気)+Looop Home割で更に基本従量料金より1円引きとなりますので、26円/kWh(税込)-1円-1円=24円/kWh(税込)となります。

looopでんき(ループ電気)+は、東京電力パワーグリッド、中部電力、関西電力のエリアのお客様のみのサービスとなっています。

その他のエリアはただ今準備中ですので、その他の地域の人がlooopでんき(ループ電気)を検討の際はlooopでんき(ループ電気)のホームページをチェックしてみましょう。

 

ループでんきの公式サイトはココ
↓ ↓ ↓ ↓

LOOOPでんき
 

looopでんき(ループ電気)の申し込み方法や流れは?

looopでんき(ループ電気)の申込方法や流れを、わかりやすくご紹介していきます。

looopでんき(ループ電気)の申し込みはlooopでんき(ループ電気)のトップページの右下の方にある「お申し込み」をクリックして行い、かかる時間は3分ほどです。

最新の電気の使用量の検針票(毎月届く電気使用量のお知らせ)を準備して申し込みを記載していくので、用意してから申し込みを行うようにしましょう。

 

①重要説明事項の表示を確認

申込み内容記載前に、契約にあたっての重要説明事項が表示されますので、内容をきちんと読んで納得した上で申し込みに進むようにしましょう。

このような重要説明事項を読まないで進んでしまう人もいるようですが、それでは後々困ってしまう事が発生してしまう場合も無いとはいえません。

必ず熟読して納得した上で、申し込みに進むようにしないといけません。

全て読んで納得しましたら、1番下にあるチェックボックスにチェックを入れてから、申し込みの開始となります。

 
②現在の電気の契約内容の入力

申し込み者のご連絡先を、入力します。

入力の契約者内容は、検針票に記載されている通りに入力します。

・電力会社
・22桁の供給地点特定番号
・電力プラン
・契約電力
・お客様番号
・現在の使用場所の住所
・契約者氏名、フリガナ

 
これらのお客様情報を正しく入力しない場合は、電力切り替え手続きを行う事ができなくなってしまう場合もあります。

ですので、必ず検針票通りの内容で入力されているかを確認しながら、入力を進めていくようにしましょう。

検針票はその地方により型式が違うので、他の地方の検針票の内容を例にしてしまうと記載内容の確認ができずに困ってしまう事があります。

必ず電力会社ごとの検針票の説明内容を参照して確認し、記載するようにしましょう。

もし、現在の使用場所と契約者様の住所が違う場合は、契約者様の住所や電話番号、メールアドレスの入力もしなければいけません。

メールアドレスを間違って入力してしまうと確認メールが届かなくなってしまうので、送信前に再度確認するようにしましょう。

全ての入力が完了しましたら、入力情報を確認し間違いないと確認した上で「次へ」ボタンを押して次の項目へと進みます。

 
③申し込み者情報の入力

looopでんき(ループ電気)の申し込み者情報の入力を、行っていきます。

・契約者様との関係(申込者が契約者様以外の場合は申込者様の連絡先の入力も行う)
・希望の連絡先を選択

…などを入力していきます。

紹介者が居る場合は、プロモーションコードを入力した後、「次へ」ボタンを押し次のページに進みます。

 
④支払い情報入力

支払方法の選択ですが、looopでんき(ループ電気)はクレジットカードでのお支払い方法しかありません。

お手持ちのクレジットカードの情報を入力し、内容が間違っていないかどうかを確認し「次へ」ボタンを押して次のページに進みます。

 
⑤内容の確認

今まで入力した全ての内容が表示されますので、間違いないかを確認します。

問題がなければ、下の「送信」ボタンを押します。

その後、申し込み完了画面が表示されますので、それでlooopでんき(ループ電気)の申し込みは全て完了となります。

その後、登録したメールアドレスにlooopでんき(ループ電気)から確認メールが届きます。

メール内容を確認し、間違いが無いかを再度チェックするようにしましょう。

この様な5つの申し込みの流れにより、お申し込みにかかる時間は3分ほどで終了する手軽さです。

意外と簡単で短時間で完了しますので、このような申し込みが慣れていない方でもスムーズに申し込みを行う事ができますよ。

また、電力会社の切り替えはlooopでんき(ループ電気)のほうで行いますので、申込者は一切手続きしなくてOKです。

 

ループでんきの公式サイトはココ
↓ ↓ ↓ ↓

LOOOPでんき
 

マンションでもlooopでんき(ループ電気)と契約できる?

賃貸のマンションやアパートに住んでいる人でも、電力会社は自由に選んで使う事ができます。

そのため、looopでんき(ループ電気)も賃貸のマンションやアパートに住んでいる人でも契約は可能となります。

電力自由化は個人的な契約ですので、賃貸でも持ち家の戸建てでも関係なく参加する事ができるのです。

ただし、1つ問題があるといえば、マンション一棟全体でひとつの電力会社と契約している場合です。

この場合は、残念ながら個人的に電力会社を変える事はできません。

ご自分のお住まいのマンションやアパートなどの賃貸住宅は個人的な電力自由化に参加できるのか気になる人は、管理会社や大家さんに聞いてみると良いでしょう。

 

ループでんきの公式サイトはココ
↓ ↓ ↓ ↓

LOOOPでんき
 

looopでんき(ループ電気)の契約期間ってどれくらい?

looopでんき(ループ電気)の契約の期間は、1年契約となります。

その後自動更新ですので、特に何もしなければ毎年自動更新で契約が続行されていく流れとなります。

解約したくなければ、一度契約した後は放置したままで契約が続きます。

また、1年契約であっても、すぐに解約したい場合は契約期間の残り関係なく解約が可能となります。

その際も解約料は一切かかりませんので、気軽に解約の検討もできます。

途中で他の電力会社に切り替えたい場合は、有無も言わず自分のニーズで解約ができてしまう使いやすさなのです。

 

ループでんきの公式サイトはココ
↓ ↓ ↓ ↓

LOOOPでんき
 

looopでんき(ループ電気)に切り替える場合、工事は必要なの?

電力会社の切り替えの際、今現在使っている電力メーターがスマートメーターじゃない場合は、スマートメーター設置の工事が必要となります。

これは、looopでんき(ループ電気)に切り替える場合だけではなく、電力会社を切り替える際に必ず必要となる工事となります。

スマートメーターの設置は原則無料ですので、工事費用はかかりません。

お宅の電気メーターがスマートメーターかわからない場合は、メーターを確認してみましょう。

スマートメーターじゃない古いメーターの場合は、電力量表示がデジタルじゃなくアナログですので、すぐにわかります。

スマートメーターは電力表示がデジタルになっており、メーターの中身が見えなくなっている形状となっています。

スマートメーターの工事に関してですが、工事会社からスマートメーターの工事費の連絡があり、スマートメーターの工事が実施されます。

設置工事は、5分~40分ほどかかります。

東京電力と九州電力は、スマートメーター工事の際は停電は発生しない場合が大半ですが、お客様の設備状況によっては停電が発生してしまう場合もあります。

あらかじめ、工事業者に問い合わせておくと良いでしょう。

東京電力と九州電力以外の電力会社と契約している地域のお客様は、5分~15分ほどの停電が発生してしまいます。

スマートメーターは外部に設置されますので、設置の際の立ち合いは不要となります。

また、スマートメーターが既に設置されている場合、工事は不要で切り替えが可能となります。

スマートメーター取り付けは原則として無料ですが、下記のような場合は別途費用が掛かってしまう事があります。

 

■スマートメーター設置の際に周面の設備の改修が必要な場合

・配線不良な場合
・既存の計器が破損している場合
・スマートメーターを従来計器の位置から変更する場合

この様な場合は別途費用が掛かってしまいますので、気になる人は事前に工事業者に問い合わせておくと良いでしょう。

スマートメーターの設置工事は、Looopの職員ではなく一般送配電事業者メーターの取り換えをします。

 

ループでんきの公式サイトはココ
↓ ↓ ↓ ↓

LOOOPでんき
 

いつからlooopでんき(ループ電気)に切り替わるの?

looopでんき(ループ電気)にどれくらいで切り替わるのかというと、スマートメーター設置後にマイページか、もしくはハガキにて案内されている供給開始日より、looopでんき(ループ電気)に切り替わり電気供給されます。

申込みからlooopでんき(ループ電気)へ切り替えられる前の目安は、その地方によっても違うようですが2週間程度の方もいれば、1~2か月はかかっている人が大半となっているようです。

混み具合にもかかりますので、気になる人は事前にどれ位かかるのか問い合わせをすると良いでしょう。

申込みの際はすぐに切り替わるように思えるのですが、実際手続きをしてみると手続き等の事務的な事に時間がかかっているようで、1~2か月はかかってしまうようです。

4月末に申し込みをされた人が6月末に供給開始となったようですので、2か月はかかっている計算となります。

すぐに切り替わるという流れとはなりませんが、今はlooopでんき(ループ電気)に申し込む人も以前より少なくなっているので、もう少し早く切り替える事を期待する事もできるでしょう。

 

ループでんきの公式サイトはココ
↓ ↓ ↓ ↓

LOOOPでんき
 

電気の品質が下がったり、停電しやすくなったりする?

今まで各地方の電力会社と契約していたので、いざ他社に切り替えるとなると電気の質に対し心配になる人も多くいます。

電気の質が下がったり停電しやすくなってしまうのであれば、高くても電力会社の契約のままでいいと思いますよね。

looopでんき(ループ電気)は太陽光でネルギーメインの電力会社ですので、「その供給電力で電気は足りるの?」と不安になる人もいると思います。

自然エネルギーはエコで理想的ですが、たくさん作るのは難しいからです。

しかし、今までの電力会社からlooopでんき(ループ電気)へ切り替えても、電気の質が下がったり停電しやすくなる事は一切ありません。

その理由は、下記の2つが挙げられます。

 

■今までの送電網と変わらない

今までの電気経路と同様の送配電網を使う為、今までの電力と質は全く変わらないからです。

今までの電力会社は、一般電気事業者の電力を電力会社の送電網を使って契約者の元に電気を届けています。

looopでんき(ループ電気)の場合は、looopでんき(ループ電気)と契約している発電所の電力を電力会社の送電網を使って契約者の元に電気を届けています。

電気の出どこが違うだけで、電力会社の送電網を使って届けられておりますので、今までの電気と何ら変わらないのです。

 
・■電気が少なくなって停電はしない

電気の出どこが違うなら電気が少なくなると停電になるのではと思うかもしれませんが、その様な事はありません。

looopでんき(ループ電気)で契約している発電所の数は物凄く多く、万が一電力が足りなくなってもサポートしてもらえる電力会社がありますので、電気が足りなくなって停電になる事はありません。

タップリの電力を備えているので、全く問題なく大いに多くの電気を使うことができるのです。

この2つのポイントから、looopでんき(ループ電気)に切り替わっても電気の品質が下がったり停電しやすくなったりする事は一切ありません。

安心して多くの電気を好き放題使う事ができますので、今までと何にも変わらず快適に使い続ける事ができます。

 

ループでんきの公式サイトはココ
↓ ↓ ↓ ↓

LOOOPでんき
 

解約のお問い合わせ方法は?解約金はかかる?

looopでんき(ループ電気)の契約は原則1年となっておりますが、1年経っていなくても解約は可能となります。

解約条件は特にありませんので、気軽に契約も解約も可能といえます。

looopでんき(ループ電気)の解約方法は、電話での受付のみとなります。

契約手順は、下記のような流れとなります。

 
①looopでんき(ループ電気)トップページの右上の方にある「総合お問い合わせ窓口」をクリック
②お問い合わせのフリーダイヤルが記載されているので、個人法人どちらか該当する方の電話番号に電話を掛ける
③解約の旨を伝える

 

解約は、解約する日の10日前まで手続きを行わないといけません。

寸前で解約してしまうと、手続きが間に合わない可能性があります。

電話で解約の受け付けは、年中無休の9:00~20:00までとなっています。

解約はマイページでは変更はできませんので、注意しましょう。

解約の旨を伝えてもしつこくされませんので、気軽に解約の電話をする事ができます。

 

では、looopでんき(ループ電気)は解約の際に解約金や違約金はかかってしまうのでしょうか?

これに関してですが、上記の契約期間の項でも軽く述べましたが、looopでんき(ループ電気)では解約の際に解約金・違約金は一切かかりません。

契約をとなると解約金が取られてしまいそうですが、その点はlooopでんき(ループ電気)は良心的といえるでしょう。

解約に関しても安心できる点も、looopでんき(ループ電気)の魅力といえます。

まとめると、looopでんき(ループ電気)の解約については、電話で問い合わせることになります。

また、解約金や違約金に関しては、一切かかりません。

 

ループでんきの公式サイトはココ
↓ ↓ ↓ ↓

LOOOPでんき
 

looopでんき(ループ電気)はクーリング・オフもできる!

looopでんき(ループ電気)は実はクーリング・オフも可能です。

その条件としては、契約から8日以内であればクーリングオフ手続きが可能です。

電力自由化は今までに無かったサービスですのでクーリング・オフができないと思われている人もいるようですが、そんな事はありません。

looopでんき(ループ電気)のクーリング・オフの詳細については、下記ような感じになります。

・looopでんき(ループ電気)から勧誘を受けて申込書を記載して契約を行った日から数えて8日以内までの間契約解除を行う事ができます。

・契約の申込解除及び撤回があった場合は、looopでんき(ループ電気)は契約内容の撤回又は解除を行う際の違約金の請求はしません。

 

このように、契約した日から8日以内であれば契約解除が可能となります。

ですので、やっぱり辞めたいなと思ったらクーリング・オフの手続きを取るようにしましょう。

 

クーリング・オフを行う場合は、その旨を記載した書面をlooopでんき(ループ電気)宛に送ります。

インターネットでの契約は通常はクーリング・オフは該当しませんが、looopでんき(ループ電気)はクーリング・オフ可能です。

書面の書き方など気になる場合は、looopでんき(ループ電気)にお電話をして問い合わせてみる事をオススメします。

ただし、契約日より8日を超えてしまうと、残念ながらクーリング・オフはできません。

契約後迷っている人は、契約日から8日間以内で手続きをするように注意しましょう。

 

引っ越しする場合はどうすればいい?

これまでは、引っ越し先でlooopでんき(ループ電気)の即時供給の申し込みは受け付けていませんでした。

しかし、公式サイトにて申し込みをする事で、引っ越し先でもlooopでんき(ループ電気)使う事ができる機能が追加されるようになました。

今現在looopでんき(ループ電気)を使っており、引っ越し先でもlooopでんき(ループ電気)を使い続けたい場合は、looopでんき(ループ電気)お客様専用のマイページより申し込みができます。

マイページにて引っ越し先の住所などの必要事項を入力する事で、申告した入居日時からlooopでんき(ループ電気)を使う事ができるようになりました。

下記の様な流れで、申し込みを行います。

 

①マイページにログインする
②ご契約情報一覧を押す
③引っ越し予定の契約の「引っ越しする」を押す
④画面表示に従って必要事項を入力して申し込む

 
しかし、下記のような場合は注意が必要となります。

・引っ越し先が新築戸建て物件の場合はできない

引っ越し先が新築戸建ての場合は、そのまま引き続き使う事ができません。

一度他社の電力会社へ契約した後に、looopでんき(ループ電気)に切り替えるという流れとなります。
 

・引っ越し先がマンション等の賃貸の場合はできない

引っ越し先がマンションの場合は、一般的な賃貸物件の場合はそのまま利用可能となります。

ただし、マンションやアパート一括で受電を行っている場合は、個人でlooopでんき(ループ電気)に切り替える事ができない場合があります。

賃貸物件の場合は、管理会社や大家さんに事前に確認をするようにしましょう。

 

ループでんきの公式サイトはココ
↓ ↓ ↓ ↓

LOOOPでんき
 

契約後にアンペアを変更・増やしたりはできる?

現代は家電の時代ですので、電気契約を変更する際にアンペアを増やす事を考えている人は多いでしょう。

しかし、残念ながらlooopでんき(ループ電気)に契約した後に、アンペアの変更はできません。

looopでんき(ループ電気)はアンペアブレーカー契約ではなく実量制による契約となりますので、アンペアブレーカーが撤去されます。

そのため、後にアンペアを変える事はできません。

looopでんき(ループ電気)に契約する際にアンペア数を上げたい場合は、その旨をlooopでんき(ループ電気)に事前に問い合わせるようにしましょう。

契約以前であれば、各電力会社にお願いする事でアンペア数を上げる事は可能となります。

アンペア数を上げてもlooopでんき(ループ電気)は基本料金を取らないので、いくらアンペア数を上げても基本料金を気にせず利用できます。

ブレーカーがよく落ちて不便なご家庭は、looopでんき(ループ電気)契約前に契約アンペア数を変える事をオススメします。

 

ループでんきの公式サイトはココ
↓ ↓ ↓ ↓

LOOOPでんき
 

仮に、いま太陽光で売電してる場合はどうなる?

今ソーラーパネルがあり太陽光発電で売電しているお宅は、looopでんき(ループ電気)に変えた際の電気を売る事が気になると思います。

電気の売電先は、現行制度により一般送配電事業者のみ選択して売電が可能となります。

そのため、looopでんき(ループ電気)では余剰売電はできません。

余剰売電をしたい場合は、looopでんき(ループ電気)+ソーラー割またはlooopでんき(ループ電気)+Looop Home割に加入する事で従来の単価で買取してもらう事ができます。

現在一般送配電事業者に買い取ってもらい続けながらlooopでんき(ループ電気)に切り替えが可能です。

そのため、ソーラー発電で売電している人でも、難なくlooopでんき(ループ電気)+ソーラー割またはlooopでんき(ループ電気)+Looop Home割に切り替える事が可能です。

 

ループでんきの公式サイトはココ
↓ ↓ ↓ ↓

LOOOPでんき
 

looopでんき(ループ電気)の支払い方法は?

looopでんき(ループ電気)の支払い方法は、クレジットカード決算のみとなります。

残念ながら、コンビニ払い等の他の支払い方法は一切ありません。

クレジットカードのみの支払い方法の理由は、支払い方法を限定する事で電気料金を安く抑えるためです。

クレジットカードでの支払いのみであり、クレジットカード会社が発行しているデビットカードやプリペイドカードも支払いに使う事はできません。

もしも、登録しているクレジットカードの期限が切れてしまった場合は、マイページより変更します。

万が一カード引落しができなかった場合は、Looop指定の口座に振り込み支払いとなります。

また、請求書はWebサイトで閲覧できますので、請求書の紙代も節約できエコに繋げる事ができるすばらしさです。

 

ループでんきの公式サイトはココ
↓ ↓ ↓ ↓

LOOOPでんき
 

looopでんき(ループ電気)のマイページログイン方法は?

looopでんき(ループ電気)のマイページのログイン方法は、looopでんき(ループ電気)の公式サイトのトップページの右側にある「ご契約者さまマイページ」をクリックすると「お客様専用マイページ」画面に移ります。

ご契約IDとパスワードを入力して、ログインボタンを押す事でMYページに進む事ができます。

ご契約IDとは、登録の際に入力したメールアドレスとなります。

マイページからは、下記のような内容を閲覧する事ができます。

 
・ご利用請求明細照会

毎月の電気使用料金を、確認する事ができます。
自分のニーズに合わせて使用料金をチェックできるので、大変便利です。

 
・契約情報の確認

登録している契約情報の、確認ができます。
契約内容の変更も可能であり、電話番号や苗字の変更はこちらから手続きが可能となります。

 

ループでんきの公式サイトはココ
↓ ↓ ↓ ↓

LOOOPでんき
 

looopでんき(ループ電気)は現在キャンペーンはやってるの?

looopでんき(ループ電気)は様々なキャンペーンを行っており、サービスを開始した頃にはエネチェンジというサイト経由で様々なお得なキャンペーンを行っていました。

例えば、「ギフトカード」「初月電気料金無料」「キャッシュバックキャンペーン」などです。

しかし、、現在はエネチェンジではこのキャンペーンはやっていません。

そして現在は、福陽ガスという電力会社でポイントサイトやプロモーションコード等を発行しているお得なキャンペーン情報を行っています。

福陽ガスを経由して申し込みをすると、クオカード1,000円分もれなくプレゼントしてくれるそうです。

福陽ガスはlooopでんき(ループ電気)の代理店を行っている企業であり、looopでんき(ループ電気)のお申し込みができます。

紹介者コードやキャンペーンコードを入力される事で、キャンペーンの自動エントリーとなります。

期間限定で、現在は2017年8月31日までだそうですので、気になる人は急いで契約される事をおすすめします。

福陽ガスからlooopでんき(ループ電気)へ申し込みをする方法は、福陽ガスの公式サイトにあるlooopでんき(ループ電気)のお申し込みのページに移動して申し込む事で、自動的にクオカードのキャンペーンが適用されます。

せっかくlooopでんき(ループ電気)を使うなら、キャンペーン適用でお得に利用してみたいですよね。

もちろん、キャンペーンを適用してもしなくても、契約内容はサービスの内容には一切の違いはありませんので、是非注目してお申し込みをしてみると良いでしょう。

 

ループでんきの公式サイトはココ
↓ ↓ ↓ ↓

LOOOPでんき
 

looopでんき(ループ電気)の口コミ評判は?

looopでんき(ループ電気)を使った方の2ちゃんねる等の口コミ評判を、ご紹介します。

 
【良い口コミ】

■基本料金がかからないのでアンペア数を上げてもお得に使える
looopでんき(ループ電気)は基本料金がかからないので、切り替える前にアンペア数を上げてからlooopでんき(ループ電気)に切り替えて使っています。
以前は30Aでブレーカーが良く落ちていて、今現在60Aで契約していますが物凄く快適です。
ブレーカーが落ちないし電気料金も安いし、電気が使いやすくなりました。
電気が贅沢に使えるので、本当にオススメですよ。

■全てLooopが手続きしてくれるので楽ちんで切り替えができる
切り替えを全てLooopがしてくれるという事と、解約料金がかからないという事で申し込んでみました。
申込みから開通まで時間がかかるという声もあったのですが、我が家は2週間位で開通できました。
1割程度電気料金が安くなっているので、切り替えて良かったなと思っています。

■シンプル電気料金なのでわかりやすい
looopでんき(ループ電気)は基本料金が無く従量料金のみの電気料金なので、シンプルでとてもわかりやすいです。
使った分だけ数字にわかりやすく現れるので、節電もわかりやすくする事ができるのでとてもいいなと思っています。

 
【悪い口コミ】

■家族が少ないとあまり得ではない
我が家は2人家族で共働きですが、あまり安くなっている実感はありません。
家族が多かったり、たくさん電気を使うお宅向きなのかなと思っています。
解約料が無料であり他の新電力に切り替えやすいので、今後考えて使って確かめていこうと思っています。

■WEBサイトのみしか申し込みができなく不便
インターネットでしか申し込みができないので、物凄く不便だと思いました。
2chのクチコミ評価が良かったので頑張って申し込んでみましたが、10分以上入力に時間がかかってしまいました。
電気料金は安くなって嬉しいのですが、申し込みの不安が嫌だなと思いました。

■セット割引などの特典は無い
他の電力会社にありがちなセット割引は、looopでんき(ループ電気)にはないようです。
電気料金が安いので仕方ないですが、そういう割引サービスもあったらいいなと思います。

 

ループでんきの公式サイトはココ
↓ ↓ ↓ ↓

LOOOPでんき
 

記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?

looopでんき(ループ電気)って、物凄く安くて使ってみたいなと思える新電力だと思いませんか?

新電力には色んな商品がありますが、looopでんき(ループ電気)のようにわかりやすくお得な新電力は他にはありません。

解約料金は一切かかりませんので、試しにlooopでんき(ループ電気)に切り替えて使ってみるという手もありますよ。

新電力の情報に慣れていない人にとっては二の足踏んでしまうかもしれませんが、新電力は切り替えて得をする場合が多くあります。

中でもlooopでんき(ループ電気)はお得が満載の電力会社ですので、チェックされる事をオススメします。

 

ループでんきの公式サイトはココ
↓ ↓ ↓ ↓

LOOOPでんき